希望にみちた1年生は

わくわくしながらなんでも試してみます。

 

  失敗したっていいんです。

 

もう大人になったあなたにも

もう1度

 

   そんな気分をとりもどしてほしい。

    

 

安心して「なりたい自分」を探す空間  

そして、見守り応援する先生のいる

 

 

…こころ教室へ、ようこそ。

 

 

 

心理セラピスト 早川 菜々 のカウンセリングルームです。 

 

 天気のよい日は気分がいいですね。

おいしい物を食べてる時は幸せですね。

 

でも、空が晴れても心の晴れない時、

何を食べてもおいしくない時がありますか?

 

「そういう時もあるさ」と受け流せるのは、

せいぜい数日間。

長引く時にはご用心です。

 

 体の中でも目に見えない“こころ”は

 怠け者扱いされやすいものです。

 「気の持ちよう」とか「やる気がないから」とか、

 無実の罪を着せられることがおおくありませんか?

 

 すりむいて血のにじむ傷口に向かって「たるんでる!」

 なんて誰も言わないのに

 “こころ”にはムチが打たれやすい。

 私たちの体のほとんどの活動に

 “こころ”が関わっているのですから、

 本当は体の中で“こころ”が一番の働き者なのです。

 

 その上“こころ”はかなりがまん強いので、

  なかなか弱音をはかず、 まわりの人が気づくころには、

  かなりのダメージを受けていることが多いのです。

 

 

 

 ほんの少しの時間を“こころ”に向けていたわることで 

 毎日を心地よくすごすことができます。

 

 もし、学校や会社に行きづらくなっていたり、

 自分や他人を傷つけてしまうほど 

 “こころ”が何かを訴えているなら、

 手当てをしてあげてほしいのです。

 

 こころ教室のレッスンは

 “こころ”の声を聞き始めたあなたが、

 まず、ご自分を大切にすることからはじまります。

 

 さぁ、ご一緒に“こころ”のレッスンをいたしましょう。