こころの問題をあつかう者

…としてのお約束。

 

 

 

はじめまして、

心理セラピストの早川菜々です。

 

   



まずは、このページにたどりついてくださったことに

心から感謝いたします。

こうして、あなたと出会えたことがとてもうれしいです。

 

 

わたしは

こころの問題に目をむけること自体とっても勇気のいることだ、

といつも感じています。

 

生きづらさを感じていても、人のせいや環境のせいにしたり、

何もないふりをし続けることだってできるのに、

一歩すすめて自分のこころの中をみまわすことは、

とっても立派なことだと思うのです。

 

それが、ほかの人に非難されそうなことがらであっても、

いえむしろ、そうであればあるほど

向き合うことには不安がともなうでしょう。

 

そして、ある特定のことができなかったり、

物事のとらえ方にイヤな癖があるといった問題で、

それがどうやら、

過去にうけた傷が原因ではないかと思われるような場合、

そのことに向き合うのは、どれほど恐ろしいことでしょうか。

 

そうしたことを乗り越えて、問題解決に向かう姿に

人間としての崇高さを感じることができるのです。

 

 

 

カウンセリングをとおしてわたしが教わったことは、

ひとりひとりの人には、

産まれたときにそなわった絶対的な「生きる力」

よりよく「生きる権利」と自分らしく「生きる知恵」がある

と、いうことでした。

 

正しい答えは、みんなクライアントさんの中にありました。

わたしの仕事は、それを一緒にさがして、

その方がそれを手に入れるのを見届けることだったのです。

 

 

それがたとえどんな問題であろうと、

わたしは、すべてのクライアントさんに敬意をはらいます。

そして、

解決するために行動しているあなたを最後まで支援します。

 

 

それが、こころの問題をあつかう者としての

わたしのお約束です。